ビーグレンでスキンケア

シミ対策にビーグレン

欧米のセレブに高い支持を受けているビーグレンです。が、驚くほどラインアップの数が少ないです。全部で13種類です。

が、これこそがドクターズコスメの特徴です。得意分野に絞って、開発・商品化への資源を集中しています。

ビーグレンは、その少ないラインアップの中では、美白・美肌に特徴のある商品がそろっています。

中心となるのは、「Cセラム」と「ホワイトクリームex」です。

で、この「Cセラム」二本と「ホワイトクリームex」一本とで、「ホワイトクリームex 基本セット」として用意しています。

「Cセラム」の主成分はビタミンCです。これだけならば、珍しくはないでしょう。

このビタミンCをカプセルで包んでいます。こうすることで、ビタミンCの変質を防ぐこともできれば、お肌への浸透をよくすることもできるのです。

ビタミンCはお肌の新陳代謝を促進します。

また、「ホワイトクリームex」は白くて透明感のあるお肌を実現してくれます。

主要成分はできてしまったメラニンを漂白するハイドロキノンと、メラニンを作らせないシムホワイト377です。もちろん、お肌への浸透力の高さは、ほかのメーカーにはないものです。

これらを使ってもみた人の中には、「逆にシミが目立つようになった」という人がいます。

これはシミがなくなる前に、まずはお肌のトーンが明るくなることからきているようです。

やがてシミの元になっているメラニンもなくなったり、メラニンが漂白されたりすると、きっと透明感のある白いお肌が実現するはずです。

ビーグレン・ホワイトクリームex

お肌のシミでお悩みの方も多いでしょう。

ソバカスや肝斑などのあります。別のもののように言われることもあります。が、本当はシミの一種と考えるべきものです。

それぞれにできてしまう理由は微妙に違います。が、最も多いのは生成されたメラニンがお肌の中に残ってしまうことからきています。

このお肌の中の黒い色の正体はメラニンなのです。

で、もっとも強力な対策としては、このメラニンから色を抜いてしまうことです。ひとことでいうと、「漂白」です。

これが可能な成分で、化粧品に配合されるものは「ハイドロキノン」がほぼ唯一です。が、この成分自体が高価なので、採用している化粧品は多くはありません。

ピーグレンのラインアップの中では、「ホワイトクリームex」にしっかり配合されています。

で、このホワイトクリームexにはもう一つ強い味方の成分も配合されています。「シムホワイト377」です。

こちらの方は、メラニンがお肌の中で作り出されるのを防ぎます。

ただし、なかなかお肌には浸透しない成分なのです。それがピーグレンで採用されているのは、はやり独自の浸透技術「QuSome(キューソーム)」があるからです。

つまりホワイトクリームexでは、メラニンができるのを防ぎ、できてしまったものは漂白してしまいます。これで、透明感のある白いお肌を実現するわけです。

実際に使ってみた人の感想としては、「シミがまったく目立たなくなった」というものは当然として、「べとつきを心配していたが大丈夫」「以外に保湿効果も高い」といった声もあるようです。

注目WEB速報

貴方は、果たして自分の内臓が何の問題もないと言える自信がどのくらいおありですか?“痩せない”“肌荒れが気になる”といった美容のトラブルにも意外に思われるかもしれませんが内臓の調子が関わっているのです!

毛穴 エステ

成果の出るダイエットにまず初めに必要なものはどんな方法でしょう?カロリーを消費するような運動?食事制限? どれも大切です。一方、その方法のみでは不足しているものがある。その不満に思う気持ちをフォローするサイトが存在します。

≫≫http://脚セルライトエステなら.com/

ムダ毛の処理には、けっこうな時間とお金がかかるのは間違いありません。まずは体験コースで内容を確認してから、あなた自身にぴったりマッチする脱毛の仕方をいろいろと検討することが、エステ選びで失敗しない極意に違いありません。

≫≫顔脱毛ランキング